インフルエンサーの重要性

企業でSNSを立ち上げる際に重要なのは、立ち上げ機にどれだけ多くの固定層を捕まえることができるかと言うことです。
実際に芸能人や著名人などを使わない限り企業のSNSで多くのほてい草を捕まえる事はかなり難しいと言われています。

そこで重要なのは立ち上げ初期のキャンペーンになります。代理店や専門業者などが中心になって一定数を確保することを指します。

そして、このキャンペーンで最も重要なのはインフルエンサーによる拡散になってきます。インフルエンサーと言うのはもちろんのことながら業界やターゲットによって異なってきますがその企業が狙うターゲット層を多く抱えているインフルエンサーを活用しPRすることが重要になってきます。

全く関係のない業界のインフルエンサーを活用したとしても結果的には固定することができず意味がないからです。
もちろん、このようなインフルエンサーは芸能人や著名人ではなく一般の多くのファンを抱えるSNSの運営者であることがほとんどです。

こう考えてくると、インフルエンサーは自分自身のSNSの広告収入だけではなく、こうした企業のSNSをPR訴求する、拡散することによる収入を得ることも可能になります。これは副業として捉えると相当な収入にあたり、雪だるま式に事業が増えていくことになればさらにインフルエンサーとしての仕事が増えてくることになります。

もちろん、プロではなくアマチュアとは言えインフルエンサーとしての役割を課せられた以上はどのようにその企業のSNSに誘導することができるか、自分のファン層をどのように誘導することができるかを検討する必要があります。

しかしながらこのようなインフルエンサーはすでにプロと変わりない発信力、拡散力を持っているのでさほど難しいことでもありません。固定層を作るのではなくいちどでもクライアントに行どうすることさえできれば役割を果たすことができるからです。

実際には、1ユーザあたりの報酬を得ることができたり、ユーザ数関係なく発信することによる収入を得ることも可能になります。結果として自分自身が多くのファン層を抱えていればインフルエンサーとしての役割が期待されることになります。

なかなか、SNSを始めた時に自分自身が広告収入だけではなくこのような役割を果たすようになるとは考えにくいのですが、結果としてここまで収入が増えることになればプロとして副業以上の役割を果たすのではないでしょうか。